カトリック住之江教会は、
1961年12月25日に聖パウロを守護の聖人として現在の地に献堂されました。
聖堂前の広場は、ご近所の人が散歩の途中に休憩するなど癒しの空間になっており、
それを住之江のマリア像が優しく見守っております。お気軽にお立ち寄りください。

司祭の紹介
司祭 : 林 和則 司祭
出身 : 玉造教会
現在 : 住之江 主任司祭

住之江教会の歩み

1961年12月25日
  淳心会の教会として献堂される

 

1975年
  淳心会より大阪大司教区に返還された

 
1991年12月25日
  30周年記念式典挙行
  記念誌を発行する
 
2016年5月8日
  改築
  聖堂改修、ホール新築